もっと可愛くなりたいなら!メイクが上手になる“メイクブラシ”の使い方とは?

もっと可愛くなりたいなら!メイクが上手になる“メイクブラシ”の使い方とは?

毎日メイクをしていると、なんだかマンネリ化してしまっている……なんてことありますよね。そんな時は、メイクブラシを使ってメイクをしてみてはどうでしょうか。

多くのプロの方はメイクブラシを使ってメイクをしています。メイクブラシを使うのと使わないのとでは、仕上がりが全く違うんですよ。

(1)メイクブラシを使う理由とは

メイクブラシを使ってメイクをすると、手やスポンジでメイクするよりも、キレイで自然なつや感が出ます。

パウダーファンデーションにもリキッドファンデーションにも使うことができ、ぴったりと密着させてくれるのもポイント。
密着させて肌の表面を均一に整えてくれ、毛穴の凸凹もうまく隠してくれます。
少量のファンデーションで、ムラなく毛穴に馴染ませてくれるので、くずれにくく冬の乾燥にも効果的。

ファンデーションを少量しか使わないので、メイクブラシを使うと、薄くナチュラルな雰囲気になりますよ。

もちろん、ファンデ―ジョン以外にもリップやチークでもメイクブラシを使うと仕上がりがぐんとよくなります。

(2)パウダーファンデーション

付属のスポンジで塗ると粉っぽくなりがちな、パウダーファンデーション。
毛先がフラットなタイプのメイクブラシを使って、ナチュラルに仕上げましょう。

まず、パウダーをメイクブラシの毛先全体に取ります。薄く均一に取るようにしましょうね。

次に、ティッシュの上で余分なパウダーを払いつつ、メイクブラシ全体にパウダーをなじませます。
今ブラシに取ったパウダーだけで、顔半分の目から下を仕上げましょう。
力は入れずに、軽いタッチで仕上げていくのがポイントです。もう半分も同様に仕上げましょう。

パウダーを少量足し、額を薄く仕上げていきます。額は薄く仕上げましょうね。
そのまま小鼻も仕上げていきましょう。
くるくると小さな円を描くようにしていきます。
そして、上まぶたもひとなでしていきます。

下まぶたは、きわを数mm残して、その外側に塗ると立体感がでますよ。
その後、フェイスライン全体をくるくるとぼかしこんでフィニッシュ。

(3)リキッドファンデーション

リキッドファンデーションには、こしがあり先端が薄いブラシがベスト。

手の甲に小豆粒大のファンデを取り、メイクブラシの毛先に1/3ほど含ませます。
顔半分の目より下を軽い力で仕上げていきましょう。
残りの顔半分も同様に仕上げましょうね。

ファンデを少量足し、額に薄く塗っていきます。
内側から外側へと塗っていくと、自然な立体感がでて、丸みのある顔になりますよ。

そのまま小鼻周りも塗っていきます。
毛先は肌に対して垂直に当てていくのがポイント。
上まぶたもそのままのブラシでごく薄くつけていきましょう。
下まぶたはさらに薄く仕上げます。

ムラをブラシの毛先でなじませて、最後にスポンジで押さえるとより密着感がアップしますよ。

(4)リップ

メイクブラシを使ってリップをぬるときは、リップの種類に合わせてスポンジタイプかブラシタイプのものを選びましょう。

ブラシでリップをぬると、薄く均一に塗ることができ、ふっくらと端正な口元になります。好感度抜群の柔らかい雰囲気がある女性を演出してくれますよ。
ポットタイプのリップにはスポンジタイプのブラシを使います。
指で塗ると、ムラができてしまったり、発色もいまいちに。

そこで、スポンジチップでポンポンと塗ると、ほどよくマットで透け感のある唇になりますよ。
スティックタイプのリップには、ブラシタイプのものを使いましょう。

リップスティックは直塗りをすると、べたっとして不自然な印象になってしまいます。ブラシを使うことで、唇の山の輪郭も自然に描けるため、ふっくらボリューミーな唇にしてくれます。

ブラシにリップを均一にとり、唇に丁寧にのせていきましょうね。


メイクブラシを使ってメイクすることで、ワンランク上のメイクになるんですね。

どのブラシを買えばよいか悩んでいた……という方は、この機会にメイクブラシに挑戦してみてはいかがでしょうか。

(liBae編集部)