“コントゥアリングメイク”で作る!メリハリフェイス♡

“コントゥアリングメイク”で作る!メリハリフェイス♡

「コントゥアリングメイク」を聞いたことがありますか?
ハイライトやシェーディングで顔に陰影をつけ、小顔に見せるメイクのことです。
この記事では、日本人でも行いやすい、コントゥアリングメイクのやり方をご紹介します。

(1)シェーディング・ハイライト

コントゥアリングメイクでもっとも大事なのがシェーディングとハイライト。
出っ張ってるように、明るく見せたいところにはハイライトを使用します。
反対に影に見せたいところにはシェーディングを使用していきましょう。

まず基本的な入れ方として、ハイライトはTゾーン、頬の高いところ、顎に入れます。
シェーディングを入れるのは、生え際、フェイスライン、頬骨の下、小鼻の横です。
この基本を行うことで、メリハリのある、小顔を作ることができます。

丸顔の人は顔が縦長に見えるように、頬、額横にシェーディングを入れます。
面長の人は顎をメインに、エラが張っている人はエラを隠すように入れてみてください。

ハイライトやシェーディングが不自然にならないように、上手に馴染ませてくださいね。

(2)ファンデーション

コントゥアリングメイクを行うときは、ファンデーションは薄めに塗りましょう。
色ムラがないように塗っていくと、ハイライトやシェーディングが入れやすくなります。

コントゥアリングメイクに慣れてきたら、ファンデーションの2色使いもお勧めです。
ファンデーションでも陰影をつけることで、より自然な仕上がりになります。

(3)チーク

ハイライトとシェーディングで立体感を出した後は、チークで血色を出していきます。
血色を出すことで、ヘルシーな色気を出すことができますよ。

チークを丸く入れるのは、コントゥアリングメイクにはあまり合いません。
丸顔の人は斜めに、面長の人は横長にチークを入れていきましょう。

チークとリップの色を合わせるのも、オススメです。

(4)アイシャドウ

コントゥアリングメイクで立体感を付けたなら、アイシャドウも変えてみたいですよね。
まぶたにグラデーションをつけることで、奥行きのある目元ができますよ。

締め色をまぶたのキワに塗った後、その上に中間カラーを馴染ませていきます。
目頭と鼻筋の間にも、アイシャドウで陰影をつけてみましょう。
立体感のある目元が演出できます。


コントゥアリングメイクのやり方について簡単にご紹介しました。
基本を押さえれば、比較的簡単に行うことができます。

コントゥアリングメイク用のアイテムも出ているので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

(liBae編集部)