毛穴の黒ずみは洗顔でキレイになる♡正しい洗顔方法まとめ

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイになる♡正しい洗顔方法まとめ

女性にとって毛穴の黒ずみはとっても気になる部分ですよね。
毛穴の黒ずみが消えなくてお悩みの人は多いかと思います。
4つの正しい洗顔方法で、毛穴の黒ずみを目立たなくしましょう。

(1)しっかりと泡立てる

『手ではなく”泡で”洗顔できるように』(31歳/公務員)

洗顔料を手にとったら、少量の水を足しながら泡立てます。
このとき手で泡立てるのが面倒な人は、泡立てネットをつかいましょう。
短時間でふっくらとした泡を立てることができます。

弾力のある泡がいいので、泡を逆さにしても落ちないくらい、しっかり泡立てます。
濃密な泡が、毛穴の汚れをしっかりと取り除いてくれます。
洗顔料に、酵素パウダーを混ぜて泡立てるのもオススメですよ。

(2)顔をこすらない

『肌に負担をかけないことが一番』(26歳/金融)

洗顔のときに顔をこすってしまうと、肌に負担がかかってしまいます。
毛穴の汚れを落とすためにこすり洗いをしても、逆効果なんです。
毛穴の黒ずみがなくなるどころか、毛穴のたるみの原因になってしまいます。

決して顔をこすらずに、しっかりと泡立てた泡でやさしく洗いましょう。
泡を肌の上に置いて、泡をころがすように洗う方法が正解です。
長い時間をかけて洗顔するのも、肌への負担になってしまいます。

(3)熱いお湯をつかわない

『熱いと肌への刺激になってしまうので、ぬるま湯を使って洗います』(24歳/販売)

洗顔のときに、熱いお湯をつかってしまうのも、肌への負担になります。
熱いお湯が刺激になってしまうので、毛穴にも良くありません。
洗顔をするときは、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

洗顔時のベストなお湯の温度は、30度~36度です。
敏感肌や乾燥肌の人は、低めの温度ですすぐようにしましょう。
また、ぬるま湯ですすいだあとは、冷水で毛穴を引き締めると良いですよ。

(4)洗顔後はやさしく拭き取る

『洗顔時と同じく、こすらないように丁寧に』(30歳/メーカー)

正しく洗顔をしたら、最後はタオルでやさしく拭き取ります。
タオルはやわらかい素材のものが良いでしょう。
できるだけ、肌へ刺激を与えないようにします。

タオルで拭き取るときは、タオルで顔を抑えるようにします。
ゴシゴシとこすってしまうと、せっかく正しい洗顔をしても、台無しになってしまいます。
肌への刺激は、美肌の大敵なので気をつけましょう!


いかがでしたか?
今まで間違った洗顔をしていませんでしたか?
正しい洗顔法に変えて、毛穴の黒ずみのない美肌を目指しましょう。

(liBae編集部)