今年っぽいメイクのコツって?プロがやってる2019SSのテクニック

今年っぽいメイクのコツって?プロがやってる2019SSのテクニック

ファッションのトレンド同様に、メイクアップのトレンドも重要です。
「2019SS」、気になる今年の春夏メイクの傾向とトレンド。
そんなトレンドを意識したメイクとファッションで、おしゃれ度をUPしてみては。

今回はプロ直伝のトレンドメイクのコツとテクニックをご紹介します。

(1)透明感のあるアイメイク

『春夏には透明感を出したい』(31歳/販売)

各メーカーのアイシャドー新作カラーには「青みピンク」が今年もラインナップ。
「青みピンク」のアイシャドーは濃いめに塗るのが今年流。
幅も広めにグラデーションを使いながら、透明感のあるシアー使いがポイント。

ナチュラルながら印象的な目元が、春夏の傾向です。

(2)ライナーをぼかすリップメイク

『ファッションだけでなくメイクもトレンドのカラーは押さえておきたい』(26歳/金融)

今年のリップメイク主流は、ヴィヴィッドなレッド系とナチュラルなコーラル系ピンク。
トレンド感が出るリップメイクは、トータルファッションの印象を大きく左右します。
ツヤ感のあるリップライナーなどを使い、唇の内側から外側にぼかすのがコツ。

グロスを乗せて、さらにナチュラル感を出すのもトレンドメイクの一つです。

(3)ナチュラルなツヤ肌

『ベースメイクでツヤ感を出すのがむずかしい』(27歳/営業)

ナチュラル感のあるツヤ肌で美肌を印象付けるメイクは、今年もトレンド。
カバー力のある下地やコンシーラーで、肌のトーンをアップして。
その上に、流行の透明感のある薄づきのファンデーションをしようするのがベスト。

肌のツヤ感を意識したベースメイクを。

(4)チークはツヤ感がポイント

『ベースメイクと同じように、チークでもツヤ感を』(30歳/メーカー)

ファンデーション同様に、チークのツヤ感も重要なポイントです。
色合いよりも、キラリとしたツヤ感を出してくれるチークを選ぶのがコツ。
ゴールドパールが入ったものなどは、日本人の肌にぴったりのツヤ肌チークに。

リップメイクやアイメイクとの色や濃さのバランスも考えて。


化粧品もずっと変わらないアイテム使って、ここ数年変わっていない人も多いのでは。
ファッションと同じように、流行を取り入れたメイクもおしゃれには重要です。
2019春夏の化粧品の新作カラーをチェックしてみて。

トレンドを意識したメイクアップで、今シーズンにぴったりのトータルコーデを。

(liBae編集部)