これはダメだ……みんなが続かず失敗したダイエット4つ

これはダメだ……みんなが続かず失敗したダイエット4つ

いざダイエットを始めようと思っても、早々に断念してしまった経験ってありませんか?
ダイエットに成功した人よりも失敗した人の方が多いのには、失敗する原因が確かにあるからです。
それでは、ダイエットが続かなくて失敗した原因についてご説明しましょう。

(1)慣れないトレーニング

『いきなり激しい運動をするのではなく、まずはストレッチから、と始めていきましたね』(30歳/公務員)

ダイエットを成功させるならトレーニングを行って脂肪を燃焼させるのが効果的ですが、慣れないトレーニングは続きにくいものです。
全く運動をしてない人が運動すると辛く感じるのと同じで、いきなりトレーニングを始めても三日坊主になりがちです。

いきなりではなく、少しずつ数回でもトレーニングをするように決められれば違っていたかもしれません。

(2)食事制限

『食欲が出てしまい……逆効果でした』(29歳/製造)

食事制限をすることで余分なカロリーを摂取しないようにするのが目的ですが、普段の食生活を制限してしまうと食べたい欲求が出やすくなります。

ダイエットだからといって無理に食事制限をするとストレスも溜まりやすくなってしまうので、反動で食べ過ぎてしまうことも珍しくありません。

(3)断食

『逆に体調を崩してしまいました……』(25歳/サービス)

断食はファスティングとも呼ばれており、何も食べないことでダイエットを目指す方法です。
しかし、断食は何も食べない苦しみが真っ先に襲ってきますし、何より食べたい欲求が出やすくなります。

もちろん体力や元気が出なくなったりするので、あまりおすすめできないかもしれません。

(4)同じものを食べ続ける

『食べないといけないという義務感が勝って、楽しく続けられなかったですね』(31歳/メーカー)

よくリンゴしか食べない、野菜しか食べないといった同じものだけで生活するダイエット方法がありますが、これも失敗しやすいでしょう。
一つのものしか食べられないので飽きやすくなりますし、それだけ他の食べ物への欲求も増えてしまいます。


ダイエットに失敗してしまう人に共通しているのは、義務のように挑戦してしまっているからです。
楽しくないダイエットは苦痛でしかないので、ストレスや不満が溜まりやすくなってしまうでしょう。

無理なくダイエットを続けたいなら、内容を見直す必要性があります。

(liBae編集部)